屋形船で作りたての料理が食べられる理由

屋形船で作りたての料理が食べられる理由 屋形船の楽しみの一つが出される料理で、船上で景色を眺めながら作りたての料理が楽しめます。
一般的な人気メニューとしては、刺身やてんぷらといった海の幸を中心とした料理で、食材の旬に合わせて一番美味しく食べられるメニューが用意されます。
屋形船の料理がおいしい理由は作りたての料理ということです。船内には厨房が用意され、専門の料理人がその場で調理してテーブルまで運ばれてきます。
レストランのように広い厨房ではありませんが、新鮮な食材を調理して待たせることなく食事を出せるよう様々な工夫が行われています。
屋形船の定番として人気の揚げたてのてんぷらや、冬季には体が温まる具だくさんの鍋などが人気です。
食事はプランに合わせてコースが選べ、イセエビやアワビなど高級食材を使ったゴージャスなコースもあります。リーズナブルな価格で屋形船を満喫したい時は、多彩な食材を少しずつ詰めたお弁当風のコースなど、予算に合わせて選べるのも魅力です。

屋形船は食べ物の持ち込みはできる?

屋形船は食べ物の持ち込みはできる? 一般的には食べ物の持ち込みは禁止されている屋形船が多いことは間違いありません。
屋形船はある意味で動く飲食店とも言え、普通の飲食店で食べ物の持ち込みが認められていないことが多いのと同じことです。
しかし、飲み物であれば持ち込んでも構わないとしている船は探せばそれなりに見つかることでしょう。
その場合、全く自由に持ち込んで構わないとしている船と、持ち込み料としてある程度の別料金がかかる場合とがあります。
食べ物に関してはなかなか厳しいですが、条件として貸切とすることや、人数分の指定の食事を注文することを前提に、持ち込んでもよいとされているところもあります。
どうして条件的に厳しいかというと、万が一食中毒などが発生した場合に、船側の責任なのかそれとも参加者側の責任なのかがあいまいになってしまうためです。
その意味でも、生の食材を持ち込むことは認められない場合がほとんどで、その場で食べられるものとする必要があります。